「スクールデイズ」発売記念イベント

kokuban.jpgしずる・はんにゃ・フルーツポンチの3組合同写真集「スクールデイズ」(ヨシモトブックス)がいよいよ24日(火)発売です(早いところでは20日から店頭に並んでます)。
そしてこの日、発売記念イベントも開催決定! 
というか、1500枚のチケットが即日完売しちゃったそうです…。すごいですね。しかもamazonでは、予約段階で和書トータルランキング70位前後をいったりきたり、タレント本ランキングにおいては5位です。んでもって、いきなりの在庫切れ(きっとすぐに再入荷すると思いますので…)。


さらに4月15日からは3組が出演する「スリーシアター」が「爆笑レッドシアター」と名を変え、リニューアルゴールデン進出。これまた楽しみ!! そんな彼らのパワーに圧倒されまくりの今日この頃です。


○会場:メルパルクホール(東京郵便貯金ホール)
東京都港区芝公園2-5-20
○出演:しずる、はんにゃ、フルーツポンチ
○お問い合わせ先:チケットよしもとインフォメーション 0570(036)912


◎注意事項
※チケット料金には、3/24(火)に刊行される書籍「スクールデイズ」(ヨシモトブックス・¥1,000)の代金が含まれております。


※開場から開演までの間、12:30頃から、舞台上で、公開囲み取材を行う予定です。
※終演後、しずる、はんにゃ、フルーツポンチによる握手会を行います。その際に、3組の直筆サイン入り「スクールデイズ」をお渡しします。


Posted by timemachinelabo at

2009年03月20日

BATTLE CITY UNION

3367163965_c1646efe5f.jpg千葉のバトルシティユニオンへ。
もうこの話題、飽きたでしょ?
でも、楽しいから仕方ないんです。
今回参加したのは27人。プラス、芸人さんを追って、某バラエティー番組の撮影クルーがやってきたり、なんとも賑やか。なのに、私はここ最近のとんでもない疲れと暑さ、加えて花粉によって、ちっともテンションがあがらず。せっかく来たのに楽しめないでやんの! 一ヶ月に一回くらいしか来れないのに〜っ!


で、セーフティゾーンで休憩してるときは息をひそめるように、体力を温存。フィールドに入ってからは、僅かな力を振り絞って戦闘。それでも3人撃てたから、良しとしよう。少しは腕があがったかなぁ。暑くなってきたら、(私は)一時活動休止するし、それまでにもっと上手くなりた〜い。あ〜、時間よ止まれ……(楽しい時間だけ)。


▼写真は西くんのFrickrより拝借したバトルシティユニオン。ミニチュアみたい。

Posted by timemachinelabo at

2009年03月16日

松本隆『情熱大陸』

matsuumino.jpg松本隆さんの『情熱大陸』。カッコ良すぎて、鳥肌が止まらない。歌詞のみならず、発する言葉のパンチ力にクラクラ。


松本さんが作り出す歌詞の背景にあるもの。今まで観てきた映画やテレビ、読んだ小説、体験したことすべてが素材になっていると話していました。何かのために何かをするのは不自然だとも。ネタを仕込むために本を読むとか、不純な動機で得た知識からは、不純な作品しか生まない。


私はこれまで趣味だとかハマったものを、どうにかこうにか仕事に繋げています。好きになると本にしたくなる。このおかげで好きだったものへの想いが冷めてしまったり、無趣味と言われてしまうこともあるけど、松本さんの言葉で「間違ってなかったぞ〜い!」と思えました。


それでも仕事柄、やっぱり何かをするために調べたり、知識を増やさなければならないときがあります。それによって興味がわく場合もあるけど、無理をしているときもやっぱりある。そこで突き刺さる、松本さんの「不自然なことを全部消していくと自然になる」というお言葉。くそ〜!染みる〜! 
しょこたんが松本さんと会って、「ネ申ッ!」と雄叫びをあげる気持ちといっしょです。
オマケに親と同世代なのに、仕事以外の時間にネトゲをやったりとか、その若さたるや……やっぱネ申ッ!。


松本さんが1曲の作詞にかける時間は2時間。しかし、その世界に到達するまでに長いときで半年かかるそうです。1曲作り終えるごとに「もうやめたい」「こんな辛い思い、もうしたくない!」と思うほど、しんどいし、逃げたいと。それでもここまで続けてきた理由を尋ねると「本当に言葉が好きなんだよね…」ですって。
 でも、その感覚……私、生意気にもわかります! 私も本を一冊作りおえるごとに「もう作りたくない!」とか思うくらい、しんどい。でも少しするとまた作りたくなるんです。やっぱり本が好きなんでしょうね…。ひゃ〜っ! 私、生意気(by 中山美穂/作詞:松本隆)


▼写真は、私が初めて松本さんとお仕事をさせていただいた、松本隆コンピレーションアルバム『風街少年』『風街少女』のジャケットより。イラストは羽海野チカさん。

Posted by timemachinelabo at

千原兄弟単独ライブ「ラブ」

41-Gbq5GrmL.jpg千原兄弟2年半ぶりの単独ライヴ「ラブ」(@新宿・紀伊国屋サザンシアター)に行ってきました〜! 今回は千原兄弟だけでなく、陣内智則さん、ケンドーコバヤシさん、高橋茂雄さん(サバンナ)も加わってのコントライブ。構成はもちろん作家の松本真一さんです(←松本さん、先日の「あらびき団」で2週に渡って、ゴリラに扮した宮迫さんにスリッパでパンパンッ殴られてましたね〜)。


千原兄弟のライブといえば、シュールで笑い偏差値が高い印象を持っている人も多いと思います。たしかにな〜んも考えずにボケ〜っと笑いたいときに千原兄弟は率先して選ばないもんな〜。でも今日は笑いたい!とか、ちゃんと面白いものが見たいと思ったときに見たくなります。観た後の充実感と満足感がハンパなく、後からじわじわと笑い中枢を刺激してくるような中毒性の高いネタもクセになるのです。


4月にWOWOWで放送されるみたいだし、DVDも発売されると思うので内容についてはここでは深く書かないでおきます。個人的感想としては、日常に転がるいわゆる"あるあるネタ"ではなく、日常に転がるものを独特の視点でとらえ、形を変え、表現をかえ、そこにある感じにぐっときます。「あるある〜!」という共感というより、「あ、……あ”〜っ!」と見逃してたようなことに気付かされる感覚に近い。過去作を彷彿されるネタも織り交ぜてあったりして、今やるとこうなるんだ〜と個人的にかなり楽しかったです。


お笑い関連のDVDの中でも千原兄弟のDVDセールスがダントツで高いのにも納得。千原兄弟のライブは何度でも繰り返し観れる(観たくなる)ライブだから。マンガとかでも読むたびに発見があったり、好きになっていけるものがあるように。音楽もそうだ。何度か聴いていくうちにいきなしハマる曲があるように。やっぱりすごいな、千原兄弟って。


帰り際、作家の遠藤さんと遭遇。またしても次回のサバゲのお約束をして、マウント西原くん&影やんと恵比寿でごはん。気付けば、4時間喋り倒してました。興奮冷めやらぬ夜です。


▼画像がなかったので「チハラトーク」のDVDジャケ写で…。

Posted by timemachinelabo at

2009年03月09日

書籍「しずる はんにゃ フルーツポンチ スクールデイズ」

SCHOOLCOVER.jpg
情報解禁!今年にはいってひっそり(だけど、ガッツリ)作っていた書籍というか、フォトブックを発表します!その名も「しずる はんにゃ フルーツポンチ スクールデイズ」(ヨシモトブックス)。3組のスケジュールを合わせるだけでも至難のワザでしたが、遂に完成です(3月24日発売、税込1,000円決定)! 発売記念イベント(サイン&握手会)もありますよ! ちなみにYY動画「ヨシモト 4WEEKS NOW」でも紹介されてます!


ご存知のように一組ずつ本を出しても良いくらい大人気の彼らですが、この本は今だから出せる3組合同の初写真集。写真集といってもグラビア48ページに加え、その他のページでは学生時代の写真や作文(ほぼ初出し!)、当時の自分に向けた手紙なども掲載。小説や自伝とはちがうので、パラパラめくりながら楽しんでもらえる一冊となっております。


撮影中、笑いっぱなしだったナベアツさんの写真集ぶりのフォトブック制作でしたが、今回も学生時代に戻ったような気分で最高に楽しかったです。撮影をしてくれた池田晶紀くん、デザインを担当してくれた山田益弘くん、ヨシモトブックス編集の清田さん、そしてしずる、はんにゃ、フルーツポンチのみなさん、本当におつかれさまでした! 


*画像禁無断転載

Posted by timemachinelabo at | Comments (1)

2009年03月08日

tumblr.

USHIUSHIfli.jpg丸の内カフェの前にいた牛!可愛い。乗りたい。
ただ、それだけ。
ま、そんな話はさておき。今週の私、30歳過ぎてこんなのムリ〜!ってなくらい、ハードでした。週の後半まで入稿が重なりまくっていたうえに、週末はツアパン制作をさせてもらった秦くんの初武道館ライブに行ったり(←これがまた最高でした!)、楽しいイベントも盛りだくさんだったので致し方あるまい。その他アレコレ宿題に一切手がつけられなかったため、来週は今週の分を取り戻さなくてはならないけど……まあ、考えてもしょうがない。
やるしかない!立て!立つんだ〜!


で、そんなときこそ、いろんなことに気が散り始めます。これまでは思い出アルバムとして超個人的なFlickrをやってましたが、最近は自分の歴史を振り返るべく、出会えて良かった!と思えるものだけを集めたtumblr.もはじめました。幼少時代から現在までに影響受けたモノやハマったものをコンプリートするつもりですが、はじめたばかりなので、まだかなり80'sな感じのところ(しかもほんの一部)までしかできてません。なぜか、マンガとかアニメが中心になっちゃってるし。


でもコレ、自分の暇つぶし(現実逃避)&脳内整理(ストレス発散)に最適です。ネットがあって、良かったわ〜。

Posted by timemachinelabo at

2009年03月07日

LOW JACK THREEとHALCALI

COVER2.jpg(B)APE SOUNDS® のパーティ@club axxcisへ。TERIYAKI BOYZのCLUB TOUR のAFTER PARTYですが、お目当てはLOW JACK THREEとHALCALIです。LOWJACKのライブには間に合わなかったけど、みんなにも会えたし、ひさしぶりにクラブでたっぷり遊びました。


そして、テンションあがって飲みすぎたのか、床が滑ったのか、すってんころりんと派手に転びそうになるも、咄嗟に両手を床につけ、人生でいちばんカッコイイ転び方を体験しました。ちょっと拍手でも起きちゃうんじゃないかってなくらいです。完全に運動神経抜群です。あれ? 抜群だったら転ばないか。これでも一応新体操部に所属していたこともあるんです。一瞬だけど。
まあ、何かをすれば何かが起きる。私はそんな毎日を送っています。神様はなかなかタダでは楽しませてくれません。

Posted by timemachinelabo at