2008年10月23日

Traks Boys / Unbroken

 


最近、めっきりライブに行けていないのですが、友人でもあるTraks BoysのPVを「Starburst」(前作)に続いて、同事務所(マウント)でもある笹生宗慶が作った模様! Traks Boysも笹生もいい仕事してます。Traks Boysはレッキンクルーの頃から大ファンです。やっぱカッコイイな〜。発売中のNEWアルバム「Bring The Noise」も必聴ですよ! ジャケデザインはマウント・西原くんです!

Posted by timemachinelabo at

いい香り

mjcoron.jpgパソコンと睨めっこの毎日がつづきます。自炊が功を奏しているのか、気持ち的に安定している今日この頃。
いま目の前にある乙女度120%の一冊とお笑い満載の一冊、気持ちを切り替えながら作る作業。これが一番性にあっているようです。どちらも大好きだから、為せるワザ! 年末に高知でゆっくりできるよう、今からがんばらねば。 


そんな中、同事務所マウントの西原くんがMARC JACOBSのROOM MISTをプレゼントしてくれました。ひゃっほ〜い! おばあちゃんの化粧品みたいな薄紫色のボトルも可愛いです。最近、ROOM MISTやアロマにハマっています。部屋中いっぱいに広がる好きな香り。家に帰ったときも気持ちがいいものです。


今週末は平成ノブシコブシの単独ライブ「御コント」です。1年に1度のノブコブ・ライブ、見るほうも気合いが入ってしまいます。私もちょっぴり変わった形で参加しているので……それはまた後日。

Posted by timemachinelabo at

心に染みるプレゼント

loccitan.jpg親友から誕生日にプレゼントしてもらったL'occitaneのフェイスマスク。毎年、マスクをプレゼントしてくれるんだけど、今年は台湾のお茶と高級クッキーがついてきました。
完全に疲れている人に向けた癒しプレゼント……その優しさがしみるわ。しかも、なかなか日中に会う時間がなくて、プレゼントを旦那(私と同事務所)から受け取るというなんとも淋しい感じ。親友とは誕生日が近いため、私からのプレゼントは旦那の事務所デスクの上に置いておく。ああ、交流プリーズ。親友との時間も作れない私って……どうなのよ!


といっても、夜はたまにですけど、ちょいちょい遊びに出かけます。しかし、最近は飲みに行ってもま〜ったくお酒がすすみません。完全に受け付けなくなってきました。お酒飲むよりもま〜ったりお茶してるほうが全然楽しい。そのほうがいろんなことをゆっくり話せるし、私には合っているようです。


さ、パックしながら原稿書きまーす。

Posted by timemachinelabo at

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2008」

1016tak.jpg
お笑い史上歴史に残るであろう素晴らしいライブに行ってきました。
脚本を手がけるのは鈴木おさむさん。
チケットが売れていないと言っていたけど、会場ぎっしり埋め尽くされており、何より驚いたのは年齢層の高さ。会場いっぱい、おっさんで包まれていました。


大枠がストーリー仕立てになっており、「竹山で1時間の番組を作りたい」というTV局プロデューサーからの意向と要求に応えるべく、竹山さんがプレゼンしていくというもの。プレゼン内容というのがまた死ぬほどどうでもイイ話だけど、あそこまで熱弁ふるわれるとなんだか凄いことのような気がしてきた……。ある意味、夢と勇気をもらえるライブです。


タイトルからして期待度満点でしたが、放送禁止どころか、相当な危険ネタ連発。ピー音だらけでDVD化されるらしいけど、ピー音どころの騒ぎじゃない。テーマごと、アウトな過激&衝撃トーク。これまで見せることのなかった竹山さんのアングラな世界観は、あのキレキャラを遙かに超越してます。毎年続いていく予定らしいので今年を見逃した方は行く価値ありです。あ、でもあんまり若い人にはオススメしませんが。

Posted by timemachinelabo at

2008年10月20日

Coa Graphics Art Works Archive 1998-2008

CGBOOK.jpg私が今の仕事をはじめたのはまだ21歳の学生の頃。インディーズマガジン全盛期。この頃の雑誌業界は今思い返しても本当に面白かった。「TOKION」「composite」「DUNE」「モンスーン」「プチグラ」…etc. 「Olive」もまだあったし、「relax」が復刊されたり、雑誌業界自体が活気だっていたものです。その頃、「Coa」というインディー雑誌を手にした私は、自分たちで編集からデザインまでのすべてをやっているCoa Graphicsの存在を知り、お手伝いをさせてもらいたい!と熱心に手紙を書きました。そして、Coa Graphicsのボスである藤枝さんのもとで本作りのノウハウを学びました。企画出しから、構成・編集・執筆・デザイン・書店まわり・精算まで。独立後、このときに学んだことがどれほど役立っていることか!


現在Coa Graphicsはデザイン事務所として、自身のレーベル・Coa Recordsと共に目まぐるしい活躍を見せています。下北沢でkate cafeというカフェもやっています。そんなCoa Graphicsによる、10年間の仕事をまとめた1st作品集「Coa Graphics Art Works Archive 1998-2008」(ブルースインターアクションズ刊/11月7日発行)が発売されます。
Coa Records作品をはじめ、クラムボン、Spangle call lilli line、FreeTEMPOといったアーティストのCDジャケットなどのビジュアルをまとめた一冊。Coa Graphicsの歴史がココに詰まっています。作品集には、まだ私がいた頃の作品も掲載されていて、嬉しくて涙が出そうです。


私の師匠であり、お父さんみたいな、先生みたいな、恩師みたいな存在の藤枝さん。尊敬できる素晴らしいデザイナーでもありますが、編集者としてのセンスももちろん抜群でした。
また、今の「Coa」を作ってほしいです。今一番読みたい本です。

Posted by timemachinelabo at

2008年10月17日

撮影とかドラマとか

studioyukigaya.jpg朝早くから、1日かけて次の書籍のブツ撮影。
両手いっぱいの撮影小物を抱えて、カメラマン・邑口さんのスタジオへ。気持ちいい日差しが降り注ぐスタジオで可愛らしいモノに囲まれながら、ページ構成を考えてみんなでワイワイコーディネイトしていると、寝不足だろうがなんだろうが気分は最高潮です。
外へでて、ベランダを見上げるとみんなお布団を干してました。
今頃、ふっかふかのお布団で寝ているんだろう。いいな〜。
写真の仕上がりが楽しみです。


その後、打ち合わせをしてクタクタ状態で、家へ帰りベッドへなだれ込むも2時間ほどしたところでベッドからゴロンと落ち、完全に目が覚めてしまい、そして眠れない……。


今日ばかりは原稿を書く気力もなく、撮り溜めていたドラマやら、お笑い番組をチェック。今クールのドラマ、かなり良いです。今日からはじまる「流星の絆」が一番の期待作です。東野圭吾原作の本格派ミステリー作の脚本を、クドカンが手がけるとなったら、期待するなという方が無理です。「ブラッディ・マンデイ」も倉本聰の富良野三部作「風のガーデン」も最高! 


「チーム・バチスタの栄光」「小児救命」「セレブと貧乏太郎」、あと水野敬也さん原作の「夢をかなえるゾウ」もなかなか良いです。主人公が高知県出身という設定で酔っぱらうとよさこい節を歌い出すという場面は複雑ですが。大宮エリーさん脚本の「Room Of King」も設定が面白いです。フジの土曜枠っぽい。「イノセント・ラヴ」は「ラストフレンズ」とか「ライフ」のスタッフ陣がつくるとあって期待してるけど、番宣を見る限りでは、今のところ、そこまで引っかかってこない……(キャストのせい?)。


ざっくり書きましたが、本気で分析した話はORICONで書きましたので機会があれば、読んでみてください。


Posted by timemachinelabo at

2008年10月16日

ガラスペンと印鑑

hudehanko.jpg佐瀬工業所でガラスペンを注文しました。
手紙を書くのが大好きなおじいちゃんのお誕生日プレゼントに
しようと思って注文した、竹軸セットとガラスひねりペン。
届くのが来年2月だってーーー!……ショーーーック!
注文したことすら忘れてしまいそうなので、日記に残す!


んで、自分用にパピエラボの印鑑をオーダー。
鹿児島にある昇文堂の職人さんが、1本1本作ってくれます。
取っ手部分は、製材前の自然なままの薩摩ツゲの枝。
ハンコを作るとなったら、まずは枝選びから。
文字はシンプルに「竹村」でお願いしました。
象形文字っぽい書体を職人さんがアレンジして
デザインしてくれるそうです。
結婚のお祝い用にもさらに1本追加してオーダー。
ついでに活版印刷で用いる味わい深いデザインのスタンプも購入。
ひらがなで「た」「け」「む「ら」「ま」「な」。
手紙の最後にポンと押すのが楽しい。


どれも、ず〜っと長く大切に使えるものです。

Posted by timemachinelabo at | Comments (2)