2008年09月24日

癒しを求めて三千里

koke.jpgなかなかどうして、体調絶不調。
先週末の早朝撮影、友人の誕生日会などなど、
遊びすぎたのか、飲みすぎたのか、
何が原因かも分からないけど、どっかで無理をしすぎたようです。


うう…原稿書かないと………ベッドから無理矢理からだを起こして、
パソコンに向かう。パチパチパチ(文字打ちの音)……うぅ…辛い。
やるんだ! 立て! 立つんだ! 
1日2日徹夜したくらいじゃ、到底終わらない量。あの手この手で自分を奮い立たせて、スローペースさながら原稿を書き書き。


いま作っている本はどれもこれも情報解禁されてないから、
書けないことばかりなのがつらい……。
超言いたい! けど、言えない!
情報解禁される頃には書きたいことが変わってるし。
作っている過程に起きるワクワクドキドキな高揚感とかを
書ける場って意外とないんです。
とりあえず! 年内発行の確定している3冊を同時進行で制作しつつ、
とあるミュージシャンのツアーパンフを作ったり、
合間で、とあるお笑い芸人さんと(仕事ではないけど)
面白いものを作ったりしてます。


楽しい時間はあっという間に過ぎ去っていくけど、いつまでもこうして
みんなと一緒に何かを作ったり、笑ったりしながら生きていけたらいいな〜。
そのためには、みんなに置いてかれないように私もがんばなくちゃ!
よぉ〜し、今日のところは寝て、明日からがんばるとするか!


▼写真はちっちゃい鉢で育てられたコケと名称不明の草たち。なんか可愛い。

Posted by timemachinelabo at

2008年09月17日

ぐ〜るぐる

jamjam.jpg秋の気配によって、すっかりおセンチモードに突入です。


でもそれ以上にテンパッている自分がいます。長い夏休みを終えてから、うんともすんともエンジンのかからない自分への焦りにより、今度はお仕事をいれすぎてしまいました。いつになったらスマートなバランス感覚が備わるのでしょうか。おかげさまで夏休みボケからはすっかり解放されたから、いいか。 


そーいえば、これまでは同年代か年上の人とばかり遊んでましたが、
最近16歳とか、21歳とか、25歳とかの子たちと仲良くなって、長電話したりたまに遊びに行ったりしています。普通に「ちょりーっす!」とか絵文字満載のキラキラメールが届くわけです。また、みんなとてつもなく濃くて、面白い。とんでも出不精で人見知りだった私が、遠慮なく遊びに行っちゃうわけです。
それがなんともかんとも新鮮で可笑しい。


何が起こるかわかんないもんですね。30にもなると、人付き合いもシンプルになるというか、なんでも話せる友達が一人でも二人でもいてくれたら、十分幸せだとも思ってたけど、まだまだ広がっていってんな〜、友達の輪。あ、でも「自分もこんな頃あったな〜」とか思い始めると老けそうだけど…。


気づけば、今日もこんな時間。寝れるときに寝ないと……頭がグルグルして寝れん! 


▼写真はデザイナーの福間さんからいただいたお土産でございます。お菓子研究家・いがらし ろみさんの焼菓子とジャムの店 『Maison romi-unie』のスコーン&フランボワーズジャム。ラッピングも可愛い〜。実はネットでもチェックしておりました。鎌倉に行ったら是非行きたいお店です。


Posted by timemachinelabo at

2008年09月15日

チリチリ

chiri.jpg最近ハマった「チリチリ」のカレー。野菜とスパイスがい〜っぱい入ったとてもヘルシーな本格カレーです。自宅から徒歩1分、いや30秒。カウンター席しかない小さなお店ですが、一人でも余裕で入れます。


いまのお家に引っ越して3年。
気になりつつも、なかなか入らなかったお店。
やっぱ気になったときは「行くとき(べき)」です。
なんでもそうだ。会いたいときは会うときだし、
欲しいときは買うときだし、
見たい、読みたい、作りたい、そう感じたときが「そのとき」。
もう後回しするのはやめよう。やめれるかしら。


そーいえば、こないだドライブを堪能しつつ、IKEAに行きました。
前からずっと行きたかったけど、これまでは自ら率先してまで行く気になれず。誘われなかったら行ってなかったことでしょう。
楽しい楽しいとは聞いてたけど、3時間くらいは軽く遊べた。
マメに行きたいほどではないけど、デートには最適です(ウインク)☆
やっぱ「行きたい」が「行くとき」ですね。

Posted by timemachinelabo at

手紙

letter2.jpg毎日、PCもしくは、ペンを片手に物書きばかりしてます。
取材原稿、連載原稿、書籍原稿、企画書、ラフ書き・・・。
が、それだけではないです。


父の誕生日、親友の誕生日、敬老の日、とお祝いごとが
続いているので、手紙もいっぱい書いています。
昔から、手紙を書くことが大好きで便箋、封筒、シールを
やたら持っているんですが送る相手や内容にあわせて、
組み合わせを考えるのが楽しいのです。
小学校の頃は封筒の中にクッキーの香りがする香り玉を入れたり、
キレイな紙きれを忍ばせたりといろいろと工夫を凝らしてました。
授業中にこっそり友達に送る手紙も折り方にこだわってみたり。
もうちょっと器用だったら、ちっちゃい判子とか彫りたいとこだけど。


手紙をもらうことも大好き。
最近だとメールと電話ですませてしまうことが多いけど、
やっぱり手紙をもらったときの喜びは比べものになりません。
ペンを片手に紙っぺらとにらめっこしながら、
送る相手の顔を浮かべて……そういうかしこまった行事は
気持ちにも時間にもゆとりがないとなかなかできない。
そこがまた憎い。
やっぱり書いたり読んだりすることが好きみたいです。
さ〜次は誰に手紙書こうかな。


可愛い手紙グッズ情報、お待ちしてます☆

Posted by timemachinelabo at | Comments (2)

2008年09月10日

スロースターター

img10364500141.jpg8月も終わり、長かった夏休みももうおしまい。
これからは涼しい秋を楽しむ準備です。
衣替えしなくちゃ〜。


えーと、まずはお仕事再開について。
9月に入って間もないですが、お笑い芸人さんの書籍、ミュージシャンのツアーパンフ(昨年はレミオロメンでした)、今年4冊目の著者本などの編集作業に入りました。ぜ〜んぶ年内発売です。が、この他すでに数冊の書籍がほぼ決まっており、気持ちだけがテンパリだしてます。だって、今年も残すところ4ヶ月きってるんですよ! でもどれも楽しい本ばかり……欲張りな性格は直りません。
お仕事する方には本を作るのが早いと言っていただけますが、何せスロースターターな私。エンジンがかかるまで、自分ですら超超超〜不安になるくらい時間がかかるのです。そこを乗り越えればパラダイス。それまではここ最近会えていなかった人たちとごはんを食べたり、お茶したりして過ごします。


最近の注目は、「キング・オブ・コント2008」。M-1のコント版ですね。漫才よりもコント派なのでワックワクしておりましたが、バナナマンとロバートが決勝進出! これは嬉しい。他にも知らない若手芸人が残ってます。偶然にもわたしの誕生日に開催される決勝戦が待ち遠しい〜。


▼写真はようやっとゲットできたクリィミーマミTシャツ。魔女っこには目がないのです。まもなく楽しいことがはじまるので楽しみにしていてください。

Posted by timemachinelabo at

2008年08月18日

かなばる-ESCAPE 2 RIVER-

kanabaru22.jpgよさこい祭りは前夜祭・後夜祭を含めて4日間。昼から晩まで高知市内の競演場を移動しながら踊ります。私たちのチーム「かなばる」は10・11日の2日間だけ出場しましたが炎天下の中、直射日光を浴びながら踊るというのはかなり危険。給水しつつ、クールダウンしながらじゃないと完全にぶっ倒れます。周囲から一番最初に私が倒れると予想されてましたが、なんとか最後までやりきりました。どへ〜っとなっていると誰かが冷却スプレーをかけてくれたり、飲み物をくれたり、優しい声をかけてくれたりと、沈みそうになると誰かが何かをしてくれる。チームの内輪を配れば、おばちゃんたちが笑顔でパタパタとあげた内輪で煽いでくれ、観客のちびっこも一緒になって腰をクネクネと踊ってくれる。あったけ〜祭りです。
打ち上げのときには20代前半の可愛い可愛いイケメンズから、「いつもご馳走になってるんで今日は僕が奢ります!給料日なんで」だって。泣ける。新鮮。もう嬉しくて可愛くて、(セクハラになるんで)抱きしめたい気持ちをぐっとおさえておりました。私にとって、3本の指に入るほどのステキエピソードです(ハート)。


今回振り付けをしてくれたJUNGLE FEVERのYURIさん。練習では東京-高知を行ったり来たりしながら、超多忙の中、丁寧に丁寧にワイニーダンシングを教えてくれました。これがなかなか難しく相当に激しい……(30過ぎると)。ファティマタさんはダンスの楽しさを教えてくれ、あゆみちゃんはキュートダンシングを教えてくれ、あーちゃんたちは最後まで見守るように応援してくれ、刺激を与えつつ、場を和ませてくれました。私はというと、もう必死です。死ぬ気でよっちょれです。でも、スティールパンや打楽器などの生バンドと、地方車の上でバンダナをブンブン振り回すHEMOさん、ROMIEの歌声、MOOさんらの声、「いつかなば〜る」が響きわたれば、テンションは絶頂を迎えます。こーしていろんな人たちの力があって、みんな揃って最後まで楽しく踊りきることができました。


初出場でこれだけの踊り子さんに参加してもらえたこともすごいことですが、テンションがあがる瞬間ってみんな一緒なのね。楽しすぎて、笑いが止まらない。そんな感じ。2日間はここ何年も味わってないほどに濃く、たぶんずっと忘れないと思う。♪夏が来〜れば思い出すぅ〜♪ってな感じです。でも楽しい時間はあっという間。最後の演舞場では踊る前から(酒が入っていたせいか)涙が止まらなくなり、かなり空気の読めないフライング泣き。みんな我慢してるのに…。でもでも、これで最後だと思うとさ……いろんな想い出が蘇ってきてもうダメなのよ。踊り終わる頃には男の子も女の子も泣きじゃくってました。男泣きに感動してまた涙。枯れるほど泣いたわ。ああ、「かなばる」に参加した人み〜んなにとっても、いいチームになったんだなと改めて実感。ホントにおつかれさまでした。


何より、練習期間のたった1〜2ヶ月で同じ思い出を共有できる仲間がたくさんできたことが嬉しい。高知に帰ってからも遊べる友達が一気に増えたし! もちろん東京在住のかなばるダンサーズとも遊びます。誘います。誘いにはノリノリで行きます。


そんなこんなで、よさこいに何十年も関わっているおじいちゃんに「よさこいがもんてきた!(戻ってきた)」と言わしめたチーム「かなばる〜ESCEPE 2 river〜」です。来週23日、24日は原宿スーパーよさこい。東京でもかなばります!

Posted by timemachinelabo at | Comments (3)

2008年08月15日

かなばるかなばる

hamacyo.jpgこれまでも書いてきましたがよさこい祭りに出場すべく、地元の古くからの友人らと「かなばる ESCAPE 2 river」というチームを作りました。言い出しっぺのhemoさんが4年間構想を練ってきたチーム。私は半年前から準備に入りました。高知から東京へ、東京から高知へと行き来しながらスタッフが集まり、何度も何度も綿密な打ち合わせを重ねてきました。チーム名、衣装デザイン、衣装発注、オリジナル鳴子制作、ロゴ、地方車、音楽、振り付け、踊り子募集、練習場所取り、踊り子さんとのやりとり、メイクさんの確保、東京チームの交通&宿泊の手配、お弁当や競演場の段取り、スポンサーとのやりとり、やらなければいけないことが満載。それぞれの作業をスタッフ全員で分担して、高知ー東京間での伝達ミスがないように丁寧に進行していきます。


初めてのことだらけでとまどいも多く、少し遠回りしたところもありますが、小学校、中学校、高校時代を共に過ごした友人たちと一緒になって、ひとつのことに打ち込めたことが本当に嬉しかった。いつもお酒を飲みながらワイワイしてきた仲間たち。これほどまでに大きく感じたのは正直初めてです。みんな頼もしすぎます。カッコイイです。大好きです。


スタッフももちろん振り付けを覚えなくてはならないので踊り子さんと一緒に練習に参加します。高知と東京の合併チームとあって、東京在住の私は東京チームを担当。仕事の合間に練習で一汗流して、仕事に戻る。正直、これはかなり過酷でしたが、これから迎える本番を思えば、なんてことはない! ひとつのことを目標に、スタッフ含め160名もの人が頑張れることがすごい。踊り子さんも毎日毎日練習に参加してくれて、本番までにはみんな仲良くなってました。これもよさこいの楽しみの一つです。


そして、いよいよ高知100名に東京30名の踊り子さんの顔合わせターイム! みんな仲良くなれるかな? そんな心配をよそによさこい本番を迎える頃にはすっかり馴染んでおりました。これがよさこいパワーです。


つづく

Posted by timemachinelabo at