2008年04月13日

天国と地獄は紙一重

2407306795_dd1d7cecb4.jpg写真は「ロックンロールタイムズ」打ち上げ時のわたし。ひさしぶりのお酒で足もとグラグラ。久しぶりに朝まで飲んだくれて楽しかったけど、お酒と薬の併用には気をつけよ〜。


▼NikonのD40xを買ってからというもの、写真を撮るのが楽しくて地味にFlickrはじめちゃいました。超(!)個人的アルバムですが……。worksも不意打ちで更新してますのでこちらもヨロシクです。

Posted by timemachinelabo at

2008年04月10日

「ロックンロールタイムズ」創刊号

rrt_mini.jpg突然ですが、もう4月も半ばを迎えるんですね〜。早っ!
この4ヶ月の間に粋も甘いもいろ〜んなことがありました。
仕事が充実してくると必然的にプライベートも楽しくなり、
仕事がグダグダになるとプライベートまでドロドロになるという、
悲しきかな、自分が骨の髄まで仕事人間であることを痛感……。
私が男だったら、きっとイイ男だったに違いない(と思いたい!)けど、奇しくも女……(あれこれ無駄な妄想)。ま、いいや〜。
いろいろあったけど、上半期は「制服男子」「サンリオデイズ」を発売できて感無量。ご購入くださったみなさま、買わずとも手にとってくれた皆さまに感謝です。


そしてそして、悪夢のどん底からぎゅい〜〜〜んと引き上げてくれたのがフリーマガジン「ロックンロールタイムズ」! ラヴッ! 編集長・BJさんと出会えたことは大きい。プロデューサーでもあるバンダイの喜多川さんとの女子トークも楽しい。そして私含め、BJさんの虜となった、デザイナーの山田くん&おもんまくんと一緒に仕事できたこともこの上なき幸せ。「みんなでひとつになって」とか「同じ想いで」とか言うと胡散臭いけど、本気でそう感じた一冊です(これも編集長パワー!)。


「ロックンロールタイムズ」は4月20日(日)、野音にて開催されるザンジバルナイト in 野音にて配布開始です。超スペシャルな75名のアーティストのみなさまが参加してくださいました。テーマは"ノリノリ"。あっちでノリノリ、こっちでノリノリ、お尻フリフリ、ノリノリ全開。春だし、陽気に楽しく、はじまります。今後もザンジバルナイト開催にあわせ、お届けしていく予定ですが、まずは記念すべき創刊号をなんとしてもゲットしてくださいっ!!!(イベント開催地以外でも配布しますが詳細は近日中にお知らせします)


で、最近すっかりおざなりだったmixiでも、コミュを作りました。まだ誰も手にしていない未知なるフリペではございますが、最新情報などはコミュのほうでも随時発表していきますので是非ご参加くださいね。よろしくお願いします。

Posted by timemachinelabo at

2008年04月08日

KAKUBARHYTHM & SAKEROCK presents『大先輩 vol.1』

080314_daisenpai_poster.jpg
先週は鬼のように忙しかった! 無休は日常茶飯事だけど、一日の平均睡眠時間がたったの2時間ですよ。ムリムリ! ホントにムリ! そんなに若くないっつーの! 今週、いよいよ『ロックンロールタイムズ』が校了を迎えるため、ちょっとだけゆとりができそうです(たぶん)。


そんな中、とあるTV番組に出演。しかもスタジオ収録、超大御所MCとあって、一週間ほど前から胃をキリキリと痛くしていたわけです。考えないように考えないように……そうやり過ごしてきたけど、前日になって、中途半端な時間まで仕事してしまい、まさかの完徹で人生初のスタジオ出演に挑むことに……。あ〜後悔、後悔、また後悔!
めっちゃくちゃ緊張してるのに眠気が止まらない。ただでさえ、睡眠不足なのにこの状態でスタジオ入りから出までがトータル4時間とは、まさに地獄! 本の宣伝にもなるし、非常にありがたいお話だというのに、なんたる御無礼……。いっしょに出演してくれた野口さん、めんご! 


その後、フラフラした足取りのまま、KAKUBARHYTHM & SAKEROCK presents『大先輩 vol.1』@恵比寿LIQUIDROOMへ。そらもう愛しのSAKEROCKと、大先輩・スチャダラパーがゲストとあっちゃ〜、行くしかないっしょ! しかしながら、両手に大荷物を抱え、フラフラ状態のわたし。立ってられん! 座ったら寝ちゃう! でも見たい! どーしても聞きたい! どーにかこーにか、睡魔との戦いに打ち勝ち、最後の最後まで堪能。SAKEROCKの生ライブはサイッコーでした。スチャダラのムーディーな新曲もサイッコー。ハマケンさんの「押し語り」の悪ノリぶりもサイッテーであり、サイッコー。一夜限り(?)のSAKERAP(SAKEROCK+SDP)なんてもう、アンコと白飯を一緒に食べたら、おはぎの味がしたよ!的なナイスコンビネーション。ほくほく笑顔で会場を後に。


で、帰って寝りゃいいのに、作家のカンフーさんとごはん。大切なリラックスた〜いむ! 「こないだ行ってた舞台の内容、聞かせてよ」と言われ、いつもならノリノリで解説するのに「ちょっと〜全然物語が見えてこないんだけど!」と大ブーイング。きびしー! 呂律すらまわらないよ! 結局、車で自宅まで送ってもらい、ベッドへなだれ込んで爆睡。記憶なし。


なぜか、病弱に思われがちの私。喘息だから? 疲れ&ストレスが溜まりまくったときに体中ジンマシンが出まくるから? いやいや、よくよく考えてみると実は相当タフなんじゃないかと……。凄まじい体力と精神の持ち主じゃないとこんな生活できないでしょ。とはいえ、健康(年のこと)を考えるとやっぱり睡眠くらいはとらなくちゃね。

Posted by timemachinelabo at

2008年04月06日

桜散る散る

merrygorand.JPG先日のこと。早朝8時から、井の頭公園にてとある芸人さんの撮影。桜満開!ちらちらと舞う桜吹雪がきれい。半袖でちょうどいいポカポカお天気。にしても、平日だというのに朝から陣地トリをしてる人がこんなにいるとは! 撮影中は人だかりを避けるべく、スタッフ一同細心の注意を払っていたけど、ボートに乗ったら私たちでは無論ガードしきれず、四方八方からボートで囲まれるというオモローな状況に。


トータル5時間かけてた〜っぷり花見気分を満喫(仕事だけど)。ボートも乗ったし、動物園にも行けたし、何より桜がきれいだし、言うことなし! 撮影後は靴擦れした足を引きずりながら、みんなでパスタランチ(五右衛門だけど)。撮影はマダマダ始まったばかりですが、この日の写真は6月頃、お届けできると思うのでお楽しみに!!! 


夜はまた別件で芸人さんらの楽しい花見に誘ってもらうも仕事が終わらず……、途中合流して花見→お誕生日会スタート。
主役の彼が恋愛方面でかな〜りショックな出来事があったらしく、ズルズルと励まし会へ。彼は終始凹みまくり。突如として現れ、嵐の如く去っていく……。そう、通り魔的罪な犯行(WAO!!!)! し・か・も! 相手がいわゆるダメな人ほど、引きずっちゃうものだったりして……(無情よね)。でも大丈夫、アンタ、イイ男だから(面白いし)! そんなもんとっとと忘れちゃいナ(昭和いなせ)! わたしの胸なら、いつでも貸してやるよ、と(男前に)。なかなかどうして、荒くれ者のわたしも大人になっちゃったもんよ……。

Posted by timemachinelabo at

2008年04月02日

カラテ!

dainoji.jpg今日はダイノジのお2人とともに空手道場入り。
ダイノジのお2人とは、共通の知人が多いこともあり、おおちさんに至ってはなんだかんだと5年以上のお付き合い。セレブツアーと題して、作家の大井くんらと共に超高級店ばかりを巡ったアーヴァンな夜もありました。私の(元)彼のライブに顔を出してくれ、クラブで浮きまくっていた夜もありました(泣ける)。
なかなかお仕事で一緒になることが少なかったので、今日は本当に楽しみにしていたってわけです。
取材が始まるやいなや、大谷さんの口から飛び出す、うんちくに「ほえ〜」とアホ丸出しの顔で聞き入り、言わずと知れたエアギター世界一(しかも二連覇)・おおちさんの幸せトークでほっこり。


しかし……本日の私のお仕事はインタビュアーではございません。お2人のメイク中に、空手師範代から細かな指導を受けながら、師範代(写真中央)をモデルに萌えポイントを必死に探す私……。そーです、今日の私は(なぜか)萌えのプロフェッショナル(!)として、萌え指導をするのがお仕事だったのです(お母さん、わたし元気にやってます)! なかなかどうして、お2人の協力により、ステキな(面白)写真が撮れました(私が撮ったわけじゃないけど)。


詳細は後日、worksにてアップしまーす。

Posted by timemachinelabo at

良き日、良き出会い

asuka.jpg下北沢の料亭『明日香』にて、お花見気分でデート。
じゃなくてっ!
彩り豊かで女心をくすぐる可愛い盛りつけと、
とってもヘルシーでお上品な日本食に舌鼓をうちながら、
とある方と久しぶりにお食事をしました(うきゃっ)。
最近、たまっていたものをぜ〜んぶ吐きだした感じ。
こんな単純おバカな私でもいっちょまえにストレスを感じることがあるのです。
すべてを投げ出して、南国土佐が恋しくなる日があるのです。
それでもこんな日があると、またもうちょっとがんばれちゃうのです。
結局、やっぱり単純おバカなのです。


人生に一度きりの2008年の寒冬(意外と並冬?)。
とある占いによると、今年は12年に一度の最高の年。
いまのとこ、すでにショッキング通告もあったし(!)、
良いこともじわじわと起きてるかも……(まだ内緒!)。
だ・か・ら、♪とぉ〜きぃ〜の過ぎゆくままぁ〜にぃ〜♪と
この身を任せて、ジュリー顔負けの人生を歩もうとしている次第です。


薄桃色に染まった可愛い桜も散り始め、
いよいよ心地よい春の到来です。いよっ!待ってましたぁっ!

Posted by timemachinelabo at

2008年03月31日

舞台『尋常人間ZERO』

jinjyo.jpg放送作家・鈴木おさむさん作・演出の舞台『尋常人間ZERO』(@本多劇場)の千秋楽へ。
主演にはなんと! 今田耕司さん、そして、千原ジュニアさん、上原歩さん(モデル)、小木博明さん(おぎやはぎ)、市川しんぺーさん(猫のホテル)、町田マリーさん(毛皮族)、と豪華な顔ぶれ。


劇団 THEおさむショーを彷彿させる構成でありながら、ベースはサスペンス仕立てとなっている。誰もが自分を"尋常"であると信じ、また"尋常"で居続けようと努力しながら生きている。人が"異常"になるとき、そこには一体何があるのか? 誰もが持っている危険な一面かも知れない。そして、それは意外と突然訪れる。これは儚くも切ない、ひとつの愛の形かもしれない。人が"異常"になっていく様を描いた生々しい展開、胸が締め付けられるような悲しい結末。


おさむさんが作り出す、胸きゅんエッセンスはなぜこうも私のハートに刺さりまくるの? なぜこうも切ない気持ちでいっぱいにさせるの? 
観劇後、知人・関係者が溢れかえる会場の中、恥ずかしげもなくボロボロと涙がこぼれだす。あとから込み上げてくる感じがたまらない。新喜劇以外では初見だった今田さんの芝居も素晴らしく良かった。というか、みなさん「さすが!」の一言。もう、大大大満足!!!

Posted by timemachinelabo at