2008年03月23日

いくら真面目にやっても 休憩は必要です。

meganeph.jpg
『かもめ食堂』のスタッフとキャストが再び集結し、南の海辺を舞台にした心地よい物語を届けてくれました。試写会に行けず、映画館に行けず、見逃し続けてだいぶ月日が過ぎました。ようやっとDVDで観れたのでたまにはちゃんとした感想を。


『めがね』。
何が自由か、知っているーー


人生にはふと立ち止まる瞬間が訪れる。そんなときに見たい映画。
道に迷った瞬間、どこで、誰と、どう、過ごすか。
ともあれ、この瞬間こそがたそがれどき。
たそがれ方は人それぞれ。何をするわけでもなく、ただ「たそがれる」。何もいらないし、何もしなくていい。
これが意外に難しい。私自身、「たそがれるのは得意」なほうだと自負していたけど、全然違ったみたい。完全に「たそがれ方」をはき違えていた。そして、今まさに欲していたソレがここにあった。たそがれ方を知ったというか。それだけでもこの映画から得たものは大きい。


日常から離れた、一切の無駄を省いた海辺での生活を通して見えてくる、自由。原始の豊かさ、美しさによって気付かされた"自由"に、勝る"自由"はない。その裏側には現実世界も存在しているから、切なさも漂うけれど、それが人生。


どこからともなく、「宿ハマダ」に集まってきた5人。
ここに登場する人物たちが普段どんなことをしている人たちなのかは明かされない。
それでも5人はゆるやかな時間を共有する。
互いのことを何も知らない、何も聞かない関係、比べない、求めない関係。これはクールとか無関心とか、そんな単純なことではない。ものすごいこと。そこに人間の逞しさを感じる。自由。たそれがれるのに最適な条件。旅の途中、ときには迷うことだってある。それも旅の醍醐味。旅そのものは"人生"における劇中劇に過ぎないのに、旅そのものがまるで"人生"だ。


そして、『かもめ食堂』然り、『めがね』でも食の大切さを教えてくれる。
どんなにシンプルな生活でも、"食"は絶対だ。
毎朝のごはん、サクラさんのかき氷、「その日の難逃れ」といわれる梅干し、みんなで食べる伊勢えび。どれも至ってシンプルなものなのに、今の私にはどんな高級料理よりも最高の贅沢品に見える。
これは今すぐにでも日々の生活で実践できること。心ほぐされるごはんを日課にしなくては。
メルシー体操も可愛い。"珍しいキノコ舞踏団"が振付を手掛けているとのことで納得。
真っ青に広がる浜辺で是非ともやってみたい体操だ。
こういう日課があるというのも、都会暮らしではなかなかお目にかかれない光景なので新鮮。


とまあ、こんな映画を観てしまうと、自分はなんと体を酷使した生活を送っているんだろうか、とちょっぴり凹む……。ここに登場する「心地よい暮らし」とは縁遠い、慌ただしい日々。
とはいえ、私の場合は毎日がここに登場するようなロハス的な生活になると、それはそれで退屈になるのが目に見えている。東京はやっぱり大好きだしね。
そうそう、それでも迷ったときは旅をすればいいんだ。存分にたそがれればいいんだ。そしていつもと変わらぬ日常に戻り、また道に迷ったとき、立ち止まったときに旅をすればいい。たそがれればいい。


宿ハマダに訪れた気分で
"めがね"というレンズを通して見える、いつもと違った景色を
のぞいてみてください。ものすっごいマイナスイオンが出てますんで。


▼ 舞台や映像の美しさ、衣装やセットの可愛さ、役者陣の素晴らしさは、誰が見たって、もう当たり前すぎるので書きません。シンプルが一番だと気付かせてくれることだけは間違いないです。

Posted by timemachinelabo at

2008年03月22日

夢の朝型ライフ!

nabe.JPG『ROUNDABOUT』で野田琺瑯のラウンドストッカーを購入。
ホーローはやっぱり白が可愛い〜☆
新しい炊飯器も注文したことだし、これは米びつとして使用する予定です。パルシステムを(いい加減)復活させて、朝晩くらいは、ちゃんとごはんを作ろうと。最近はキッチン用品を買うことが楽しくてね〜。それに、そろそろ本気で朝型人間になりたいのです。


企画を考えるときは、妄想力を掻き立てられるおセンチタイム(深夜〜朝方)が良いときもあるけど、執筆作業はやっぱり午前中の方が捗りそうだし(慣れれば……)。
なにより、ここ数週間は連日のカフェ取材により、朝から動いていて、日差しを燦々と浴びながらのお仕事がとっても気持ちいいのです(これが普通なんだろうけど……)。こうして、ちょっとずつ朝型生活が楽しくなるアイテムや出来事を増やして、より楽しく変わっていけたらいいな〜と思っております。

Posted by timemachinelabo at

思い出の地

rd.JPGお仕事で数年ぶりに吉祥寺へ!
私は吉祥寺で小3年までを過ごし、20〜25歳までの14年も住んでいたんです。
第2の故郷なのです。思い出がいっぱい詰まった大切な場所です。
こうなったら、時間の許す限り、思い出スポットを堪能しなくちゃね。
大荷物を抱えて、突風に逆らいながら、思い出の地を歩きまくる。
ちょっとあの頃に戻りたいかも(3日くらい)!
よみがえる原風景の数々。わたしの青春。
あ〜また住みたいな。車があればな〜(免許もないけど)。


そんなわけでオープン当初から何かと縁深いお店『ROUNDABOUT』へ。
店長の小林さん、いきなり会いに行ったら驚くかな?と、
ニヤつきながら店内に入るも、買い付けのため出張中でした。残念〜。
相変わらず、小林さんのセンスが光るステキな商品が広い店内に並んでいます。
ゆっくりひとつひとつ丁寧に見て回れるのがいいです。
で、気付いたら30分……長居しすぎた! 猛ダッシュで事務所へ。
来週も吉祥寺でお仕事なので次は楳図先生の新居を拝んでから、
井の頭公園に行こうと思います。

Posted by timemachinelabo at

2008年03月20日

remon.jpg
朝からのカフェ取材も恙なく終了。
朝のカフェ、気持ちいい〜。おいしい〜。
ルンルンしてきます。


昼すぎから雨。
雨の中、外へ出かけるのは好きじゃないけど、
部屋の中から聞こえる雨音はおセンチ気分にさせます。
これがいいんです。
今日は微かな雨音に、SAKE ROCKを心地よいボリュームで
かけながら、最高級のコラボを堪能してます。


夜から、大宮エリーさんの事務所にて打ち合わせ。
居心地のいい、ステキなオフィス。
おいしいハーブティーと濃厚カスタードがぎゅっと詰まった
シュークリームでもてなしてくださいました。
大宮さんとお会いしたのはまだ数えられる程度ですが、その魅力に惹きつけられるばかりです。
いつもは気さくで個性溢れる大宮さんの魅力にやられっぱなしですが
今日は細やかな気配りの感じられる女性らしい一面を拝見……。
デキる人とはこういう人を差すんですね。
今日もまた、背筋の伸びる充実デイを過ごせました。

Posted by timemachinelabo at

2008年03月19日

ほくほく

megane.jpg本日は新婚ほやほやのOMOMMAくんを交え、『RRT』のデザイン入れ。3時間に及ぶデザインミーティング(脱線トークが6割)を終え、BJさん、山田くん、OMOMMAくんとごはん。BJさんのギャグを交えつつの有り難いトークに一同背筋が伸びる。勉強になるとかの次元を超越して、感動。カッコ良すぎです。それを面白可笑しく話しすぎです。そんな感じで『RRT』着々と進行中。


余談をひとつ。BJさんと私は(奇しくも)同じマンションに住んでいるわけですが、リリーさんから影で、私は「オナマン(※おなじマンションの略)」と何とも卑猥な呼称をつけられているらしい。リリーさんが私なんぞにあだ名を付けてくださったことは何とも有り難いけれど、(一応)嫁入り前の女に「オナマン」って! ……卑猥な言葉を、2語も繋げられるとは。いつの日か、面と向かってそう呼ばれたときの、笑顔の練習に励みたいと思う。


で、『めがね』のDVDゲットでっす。ひゃっほ〜い。
単行本『メガネ男子』の制作に明け暮れた日を思い出す。感慨深い。20ページのフォトブックが美しすぎて、涙が出てきます。癒しの極致です。ステキライフ。憧れます。自分はなんて小さなことでくよくよしていたのかしら。今日は最高にハッピーデイだったこともあり、嫌なこととかぜ〜んぶ忘れちゃいました。単純な性格に感謝です。嘘みたいにすっきり。何事もシンプルが一番ですね。


いつだったか、『かもめ食堂』が良すぎて、自宅にてループで垂れ流していた、あの頃が懐かしい。あのときも幸せ気分に満たされていたっけ。これからも、そんな気分を存分に満たしてくれる、人、映画、本、音楽、マンガ、ゲームとたくさん出会いたい。
ああ、最高に気分が良いのです。明日は朝から取材で、今日は完徹確定したけど、それでもがんばれるパワーが漲っております。

Posted by timemachinelabo at

2008年03月17日

HAPPY WEDDING!OMOMMA&AKI

Omonna_STJ.jpg
ポッカポカのお天気のもと、『RRT』のデザインを手掛ける、
オモンマくんとあきちゃんの結婚パーティへ。
オープンテラスのある会場に潮風がそよそよと運び込まれて気持ちがいい。
SAKE ROCK、キセル、BTB&LUVRAWのライブがあったり、
二次会ではみんなでサプライズ合唱したり、本当に心温まるステキなパーティでした。
人生初のブーケトスを見事ゲットしてしまったので、
SAKE ROCKの田中さん→OMOMMA夫妻に続けるよう、
わたしもがんばりまーす。末永く、お幸せに!














*この日、キセルがカバーした高田渡さんの『系図』の
歌詞が素晴らしく、気を抜くと本気で泣いちゃいそうだった。
ヨーデルさんの真似して転載します。


系図  (詞=三木卓/曲=高田渡)


ボクがこの世にやってきた夜、おふくろはめちゃくちゃに嬉しがり、
親父はうろたえて質屋に走り、それから酒屋をたたき起こした。


その酒を飲み終わるやいなや、親父は一生懸命、ねじりはちまき、
死ぬほど働いて、死ぬほど働いて、その通りくたばった。


くたばってからというもの、今度はおふくろが一生懸命、
後家の歯ぎしり、後家の歯ぎしり、頑張ってボクはご覧の通り。


丙午のおふくろは、おふくろはことし60歳。
親父を参らせた昔の美少女は、凄く太って元気がいいな。


実はせんだってボクにも娘ができた。女房はめちゃくちゃに嬉しがり、
ボクはうろたえて質屋に走り、それから酒屋をたたき起こした。


ボクがこの世にやってきた夜、おふくろはめちゃくちゃに嬉しがり、
親父はうろたえて質屋に走り、それから酒屋をたたき起こした。

Posted by timemachinelabo at | Comments (2)

2008年03月14日

ホワイトデー

DSC_0002.JPGそーです。今日はホワイトデーです。


マウントのジェントルがiPOD touchのカバー(マジェンダ)をプレゼントしてくれました〜。
つい先日、apple storeにて購入しかけていたため、これは嬉しいプレゼント♪ 


これでバッグにポイッと忍ばせても、傷つかずにすみます。
大切にしましゅ。

Posted by timemachinelabo at