少し遅れて!

DSC_0032.JPG
メリークリスマス! 終わっちゃったけど。
本日より、放送作家・都築浩さんのブログ
スタートしました。ちぇけら。


最近、なんだかんだ人生を謳歌している竹村です。
師走だね〜、クリスマスだね〜、と呑気に遊んでいたら、
しわ寄せがさっそく襲いかかってまいりました。
今年最後の(にしたい)完徹中です。


もーすぐ帰省できるし、帰りは大阪とか京都とか
寄り道しながら東京に戻ろうかと計画中。
絶対迷子になるけど、そんな長時間電車に乗る自信もないけど、
2008年最初のチャレンジを決行してやろうと息巻いてます。
気分屋なので明日にはやる気が失せているかもしれませんが。

Posted by timemachinelabo at

2007年12月22日

GO-BANG'S(長い日記)

gbs20th.jpgGO-BANG'Sをご存知だろうか? 80年代を代表するギャルバンドである。
GO-BANG'Sが20周年を祝し、『ザ・グレイテスト・GO-BANG'S』をリリースした! このアルバムには初期からラストアルバムまでの名曲が揃いも揃っているので今スグ買ったほうがいい(わたしは2枚購入! えっへん!)。

Posted by timemachinelabo at

2007年12月19日

「制服男子」AMAZON注文スタート!

41FRQzOJISL._SS500_.jpg
本日より、amazonにて、「制服男子」のご予約受付スタートしました!
書店さんによっては城田優くんが表紙のポスターが貼られますよ〜。
そして、秋葉原のお店(店名、確認します!)ではポストカードが特典としてつきます。
って、まだ入稿終わってないけど……もーすぐ印刷所のでっかい機械でぐるんぐるん回転しながら印刷される。あとすこし、あとすこし。それまでは全愛情をそそぎこんで妄想を掻き立てます!

Posted by timemachinelabo at

2007年12月15日

『制服男子』(太田出版)

SHNEW_mini.jpg
たぶん、どこよりも早く告知!
『王子辞典』シリーズに続く第二弾、
『制服男子』(太田出版)が2008年1月16日発売決定!
うっとり制服グラビアでは、
城田優×コック&ウエイター、向井理×警察官、
五十嵐隼士×コンビニ店員、大東俊介×タクシードライバーが登場!
わたしは学ラン、ニッカポッカ好きでしたが、
今回のグラビア撮影でコックに目覚めました。
お楽しみにねん!


※ファンの方からのお問い合わせでこちらのサイトでアップしていた表紙画像が入稿前の旧データだったことが判明しました! ご心配をおかけしまして、本当にごめんなさい!!!
五十嵐くんの名前が「隼」が「準」になってました……。なんという失態!
お知らせいただいた方、ありがとうございました。
本誌では、すべて修正済みですのでご安心くださいませ。

Posted by timemachinelabo at

華の金曜日

DSC_22.JPG
華の金曜日。誰がそんな言葉を考えたのでしょうか。
いまごろ、みんな飲めや歌えや踊れやでドンチャン騒ぎなのでしょうか。
明日も明後日も忘年会に誘われていますが、果たして私は行けるのでしょうか。
そんな頃、寝袋に身を包み、ひっそり事務所で寝ている私は気の毒なのでしょうか。
断じてちがぁ〜う! なんくるないさぁ〜!


本日はくまだまさしさん&大西ライオンさんのインタビューでした。
そして、先程入稿を終え、次はI LOVE 制服男子!ってことで
残り僅かの原稿を書き上げてやるつもりです。
日曜はぜったいぜったいぜ〜ったい休む!

Posted by timemachinelabo at

2007年12月14日

年の瀬

DSC_0006.JPG
♪暮れ〜の元気なごあいさつぅ〜♪
いつもお世話になってるデザイン事務所・スタジオマジックから
お歳暮が! わ〜い!
現在入稿中の「制服男子」(太田出版より1月16日発売!)の
デザインをしてくれている中、こんな粋な計らいを……。
個人事務所だとこういうことに無頓着になってしまいがちです。
年賀状もメールになっちゃってるし。いけませんね。
チョコ食べながら、あれもこれもがんばるど〜!

Posted by timemachinelabo at

2007年12月11日

神保町花月「凛」ピース

DSC_0032.JPG写真がなかったので「蟻月のかき氷をアップします。
コレ、めちゃんこ美味しいので行く機会があれば、是非お試しあれ!


神保町花月にて、ピースの又吉くんが脚本を手掛け、
作家の大平カンフーさんが演出したお芝居「凛」を観劇。
ピースが座長で、その他、はんにゃ、ゆったり感、ピクニックが出演。
お笑い芸人による舞台だから、当然笑いに行ったんだけど……
聞いてないよ〜! これ泣いていいの? 
わたしの感性、間違ってない?
自律神経がやられて、涙腺が弱くなってるだけ?
と自問自答しつつ(周囲をキョロキョロしつつ)も我慢しきれず、涙。
そして、追い打ちをかけるようにまた、涙。
笑いのエッセンスも存分に散りばめられているけど、いわゆる「ベタ」な感じはなく、すべてさり気ない。
日常に転がっているような笑いがふんだんに盛り込まれている。
温かい笑いが心地よい。


ピースは単独ライブでも、涙あり笑いありのロングコントをしているから、最初からかな〜り期待はしていたけど、やっぱり良かった。又吉くんの一見棒読みっぽい芝居も私にはなんとも味わい深く映る。なんだか、切なさがつきまとう感じがいい。が! 今回は、はんにゃがツボでした。思春期丸出しの田舎っぺ・高校生たちがキャッキャッとはしゃぐ様はあっという間に心をつかまれ、親近感を覚えたな〜(ムダに粋がっちゃう感じとか)。細かな描写が見ていて飽きさせない!よっ!カンフー! 最高のひとときをありがとよ〜っ!!!

Posted by timemachinelabo at