2014年07月19日

プロマイドのマルベル堂、伝説のカメラマン


DSC_5521-1.jpg浅草・プロマイドのマルベル堂の中村カメラマンの訃報。『ファンシーメイト』中ページの有村架純ちゃんグラビアも撮影していただきました。少し前にマルベル堂の武田さんから「もしかすると中村カメラマンにとって、紙媒体としてのお仕事は『ファンシーメイト』が最後になるかもしれない。ありがとうございました」とご連絡をいただいたときは、ショックで声もでないほどでした。

中村さんが撮影されてきたスターたちのプロマイドは85000版を超えているそうです。これから先もずっと価値あるものとして、みんなから愛されていくと思います。数々の撮影現場を作りあげ、形に残してきた中村さんともうお仕事できないのかと思うと寂しさがこみ上げるばかりですが、そんな素晴らしい方の最後のお仕事をご一緒できたこと、心から光栄に思います。もっともっと当時のお話を伺いたかった。ご冥福をお祈り致します

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

ファンシー川柳


10269521_735924009806134_6353322604407192647_n.jpgやれ80年代ブーム、やれ90年代ブームと言われているけど、80年代も90年代もずっとあるもの。どこへも逃げていかない。それが現代の流れとリンクしたときに、ブームになる。で、ブームは終わる。でも再びやってきたりもする。でもいわゆる80年代ブームって大波小波はありつつも、実はもう何年も続いてるんだ。80年代カルチャーってそれくらい強く逞しく根強い。ただね、80年代ファンシーだけはとっても繊細で、一歩間違えたら普通にダサくもなるんだ。わたしはファンシーカルチャーをたくさんの人に広めたいけど、大事に大事に守っていきたいとも思う。モノづくりってほんと難しい。だから言いたい。

「ファンシーはちょっとのズレが命とり」(ファンシー川柳)。

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年07月17日

ある日の撮影


SS__19857462.jpg先日のブログにも書いた8月発売のファンタジスタさくらださん書籍スタジオ撮影の一枚。わたしはもちろん編集で入っているんだけど、撮影はジュリワタイさん、衣裳制作は縷縷夢兎さん、菅文恵さん(eto)、ヘアメイクは山本りさ子さん、モデルはさくらださん。平均年齢20代中頃の新進気鋭のクリエイターが大集合! ってことで若いエキスいっぱいいただきました♡ みんなかわいいな〜。作るものは一流だし、これからが楽しみでならない。そんな一流作品は『絶対タメにならない育児本 さくらださんとおこさん』(宝島社)でチェックしてねー!

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年07月16日

孤高のブロガーに幸あれ


swan2014.jpg先日のこと、人間分析のプロと、頼もしすぎる敏腕弁護士の友人らから、面白い話をたらふく聞いておなかいっぱい。巷で話題(?)のTwitterやFacebookなどで一部女子たちが繰り広げる“笑顔のバトル”が話の主だったんだけど、後半は孤高のブロガーの話題に。

中でも普通すぎる自撮り写メをバンバンUPするアラサー(アラフォー含む)一般人ブログが地味に面白いと盛り上がる。これは今にはじまったことではない、むしろ今も続いていることに驚きの現象。自撮り写メ問題はインスタとかでも言えることだけど、ブログの場合、自撮り写メと一切関係ない、もしくは強引にこじつけた日記部分も見逃せないポイントだと思う。そもそも自撮り写メを見せたいだけで、日記に特別書きたいネタもないのだろう。今日は反省、昨日は感謝、その前は自問自答、その前は超ハイテンション、と毎日毎日(感情だけは)それなりに忙しそうだ。で、わたしとしては自撮りしているオマヌケな姿を遠くからのぞいてみたいと常々思っていた。何度も撮り直すんだろうな、散らかった部屋や生活感・生活レベルがわからないように撮るんだろうな、と想像の翼を広げる…(朝ドラの花子っぽく)。でも、そういうイタさの中から大物が生まれる可能性すら感じてしまうんだ。同性にはおそらく好かれないタイプだろうが……。

で、友人がそういう人たちの心理状態パターンや性格を解説してくれた。とんでもなく明るいおバカ(それはそれで最高)、 自意識過剰な人(これはまあ8割が当てはまるな) 、恋をしてる人(相手に間接的に見てほしい欲求によるもの)、 攻撃したい相手がいる人(恨みの根深さと陰湿さを感じて怖い)、 自慢したいことが山積みな人(自慢になってりゃいいけどね)、 情緒不安定な人(ブログで発散できるならそれもアリ) 、最後は他人からどう思われるかにガチで興味ない人(打てど響かず)、など。他にもあった気がするけど、忘れちった。

でもね、わたしは思う。ブログなんてしょうもなくてもいいんだよ。自己満足の世界、自由! 個人的記録! 見たくない人は見なけりゃいいだけ。ただ……こうして言われてみると、求められてない人が無意味に過剰な自撮り写メをUPしだした途端に「イタさ」が垣間見え出すから、あら不思議。確かに「イタい」。それってホラーと同様、怖いもの見たさでつい見たくなるし(普段控えめな人がブログでは別人格になってるケースはさらにホラー感が増して)、ある意味正解なのかもしれないけど。もうどうせ載せるなら、「可愛く撮れたから見て見て!」とか言ってくれたほうがスッキリする(面白くはないが)。まあ、見てる側の感想なんて勝手なもんですよ。つまり書くのも自由なら受け取り方も自由。UPしてもいいけど、くすくす笑われてるかもしれないゾ! というわけで、本日も個人的記録としてこちらのブログ書かせていただきました。以上。

▼せっかくだから自撮り写メでも載せようかと思ったけど、先日いった動物園の写真にしておく。

Posted by timemachinelabo at

2014年07月13日

初合宿


14440504587_8a62d7016d_z.jpg秋頃発売予定の書籍に向けて、人生初めての合宿!! とはいえ、書いたり描いたりするのは先生方…。わたしはひたすら待っては完成度高きプロの作品に感動し、修正があれば修正し……と、なんやかんや16時間に及ぶ超超超ロング合宿を終えました。

合間の休憩になると『ファンシーメイト』をパラパラ読んでくれたのも嬉しかったなあ。朝方近くなって、突然の地震警報にビビるも先生が動じることなく「トイレいってくるー」といったときには、恐怖心が吹っ飛びました。そして、すべてが終わって外へ一歩でると、降っていた雨もやみ、それはそれは大きな虹が出ていてみんな大興奮。16時間のうちに起きたいろんなこと全部書きたいけど、まだ書けない。発売する頃にまた。

▼写真は気合いの入ったケータリング。これだけで数時間がんばれたように思う。

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年07月09日

ファンタジスタさくらだちんの本がでる


saku_cover_FIX.jpg元あやまんJAPANのおっぱい担当・ファンタジスタさくらださんの育児本が発売決定〜!年末だったか、年始だったか頃から制作開始して、一番凝りまくったのがめちゃくちゃおもしろカッコイイ人妻グラビア。さくらださんのこだわりにまみれた作品です。原稿はさくらださんが子育てしながら、ひぃひぃ雄叫びあげながらも最後までしっかり書き上げてくれ、90年代を生きた人なら知らずして生きるほうが困難な夫・スチャダラパー・Boseさんもた〜〜〜〜っぷり登場しますよ。

さくらださんもBoseさんもずっと前から仲良くしてもらっていたけど、制作期間中は密に会っていたので(今も続く)、ちょっと変わってるけどこんな良い夫婦見たことないな、こんな家族楽しすぎるな、と感心することしきり。そんじょそこらのママさんタレントが出してる育児本とは違って、一切タメにならない(!)けど、子育てに疲れたときに読むとふっと肩の力が抜けることでしょう。ママになったら、自分の時間が減りそう、いやそれは確実に減るけど、その中でしかできないこともいっぱいあるし、子供がいないと見えないことがいっぱい見えて楽しそうと心から思いました!……うちもがんばんなくちゃ(爆)。

▼発売日:8月25日(月)1,458円(税込)
絶対タメにならない育児本『さくらださんとおこさん』(宝島社)

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年07月08日

満員御礼トークイベント終了


TAKESHITOP2014.jpg『ファンシーメイト』刊行記念トークイベント、立ち見が出ちゃうほどの満員御礼で無事に終了いたしました! 当日は「元気が出るテレビ」時代のたけし社長をイメージしたファッションで挑んだものの、冒頭10分ほど、あまりの緊張で呼吸法を忘れ、死ぬかと思いました。

それからは緊張もすっかりほぐれ、ツイートされたらアウトなギリギリトークを楽しめました。自分のサインをもってないわたしですが、(父の私物であるトレーナーを着ながら)なんとか小学生の頃に父親のマネして書いてたサインを思い出し、書かせていただきましたよ。なんとなく寂しかったのでのりピーちゃんを書いてごめんなさい。ご来場いただいたみなさま、ほんっとにありがとうございましたー。ファンシーの輪を広げて、それぞれが幼少期に覚えたときめきの記憶を少しでも思い出すきっかけになったら、本望です。

▼写真に映っているのはふぁんし〜男子の山下院長。当日会場に来てくれていた同じくふぁんし〜男子のテレコマくんとすっかり意気投合した模様。サインの写真はテレコマくんがアップしていたものを拝借しちゃいました。重ねがさねありがとっ☆

▼トークイベントの模様はコチラでも。

▼まだ買ってないゾ!とお悩み中のあなた、後悔はさせません(80-90's好きなら)。Amazonなどで予約受付中!

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at