2014年05月01日

実りしかないごはん会


14101936383_2e2ca75d40_z.jpgクドカン表紙で業界をどよめかせた『MEKURU』編集長の上田さんとギャンビット出版のBJさんにお誘いいただき、ごはん会。恵比寿の「京鼎樓」で小籠包たらふくいただきながらで、おいしすぎの楽しすぎ。同じ業界の人の話は刺激しかない。辛いことも楽しいことも共有できるから、話がはずむはずむ。ウーロン茶だけで深夜12時近くまで喋り倒したのに、まだまだ話し足りない。上田さん、好きっす。仕事できる人、好きっす。仕事が丁寧で仕事を愛してる人って、ちょっと話せばわかる。

大した努力もしてないのに夢ばっかり語る人とか、自己主張だけ一丁前で雑な仕事する人とものづくりしてても、疲れるだけで全然楽しくない。そういう人と話すことと言えば、どうしても説教臭くなってしまって楽しくない。だからこそ、上田さんみたいな編集者の鏡のような人と接していたい。BJさんも大尊敬する大先輩だけど、上田さんは初対面だったのでとくに熱くなってしまった夜でした。

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

兄夫妻からの内祝い


13899563479_3e11197cff_z.jpg高知でデザインや活版印刷などをやっている兄夫妻から出産の内祝いに、ステキなお皿と高知名物セットもらった*\(^o^)/* わたしの好みわかってる〜!! フルヤジのラー油はわたしの友人が地元・高知で作っているものだけど、東京だと千駄ヶ谷のタスヤードカフェとかでも買える。何気にかかしたことないくらい常備してるオススメ品。太めの素麺ももらったので、さっそくお昼にいただこう。

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年04月30日

おやつちけっと


13885332667_d03e2f80f5_z.jpg山田くんから平野紗季子さんの「フルーツパーラーまぼろし」のおみやげもらった。「おやつちけっと」って、ネーミングがすでにかわいい。平野さん、どこかで会いたいなあ。お料理研究科・福田里香さんに「宇多田ヒカルが15歳で「it's autmatic」を作詞作曲したに等しい衝撃」と言わしめた、平野さんの初単行本『生まれた時からアルデンテ』もちぇっくしなくちゃ。

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年04月28日

オトナ会議


14074495284_91fb35ef03_z.jpg産休から帰ってきた、ピエブックスののぐりんと打ち合わせ。
お土産がいつもかわゆい。女子力アップしてるー!!!
わたしより4つだか、5つだか年下なのにものすごいしっかり者ののぐりん。
新規書籍の打ち合わせのはずが、子供の話、住宅の話、貯金の話。どれも興味深すぎる話。貯金にいたっては節約経験ゼロの浪費家だったわたしの趣味にさえなってきた。うちは夫婦そろってフリーだから、その辺はしっかりしておかないと。でもお金は使わないと入ってこないからね。いい仕事を気持ちよくやってお金いただいて、しっかり使ってしっかり貯める。この先、10年、20年の計画をしっかり立てる日がくるなんて。わたしってオトナ〜!!

さてさて、のぐりんとまた楽しい本を作れるように企画考えなくちゃ!!

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年04月26日

さよなら、club axxicis SHIBUYA


14031189584_0d86820965_z.jpg先日、6周年を迎えたばかりの渋谷のclub axxicisが建物の老朽化によって、ついに閉店を余儀なくされた。3年前に病気で亡くなった中学からの親友がオープンから携わっていたお店であり、わたしがそこから歩いて3分のとこに住んでたこともあり、営業時間内外関係なく事務所にあそびにいったりしていた思い出の地。またひとつ、大切な場所がなくなってしまう。

というわけで、閉店を見届けようと3DAYS行われたファイナルパーティの最後の最後となる、26日(日)の朝から行ってきた。とはいえ、お酒を飲まないわたしがクラブで何をするのか。そう、地蔵のようにじーっと座って、ウーロン茶を飲みながら、高知名物ミレービスケットをひたすら食べる。かと思えば、泥酔した酔っぱらいどもをなぎ倒しながら、知り合いを見つけて話をする。

で、ふとステージを見ると、不思議な光景が広がる。小学校からの友人、中学校からの友人、文化服装学院時代の友人、大人になって遊んでた友人、いま事務所をシェアしてる友人がステージに立って会場を盛り上げていた。わたしが紹介して繋がったわけでもなく、みんなそれぞれが別々に知り合って友達になっていた。わたしの人生の縮図が真っ昼間のクラブのステージに。

そこに共通するのは亡き友人の存在。彼女がみんなを繋げてくれて、こうして再会する場を与えてくれてるんだと思うと、彼女の分までこの出会いを大切にしなくてはなぁと思う。死んでも偉大なやつだぜ。時間が立てば立つほど、偉大さがわかるってどんだけカッコイイんだよ。ほんとにありがとう。思い出の地はなくなってしまうけど、心にしっかり刻み込んだぜよ。おつかれさまでした、club axxicis SHIBUYA!!!

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年04月23日

旦那ごはん


13977337804_4cfeaf59ba_z.jpg旦那ごはん。わたしがご飯&掃除、洗濯などのゴミ捨て以外のすべてを担当してるけど、我が家の気まぐれシェフが最近になって、再び料理熱急上昇。わたしの帰りが遅い日に作ってくれるのです。のろけじゃないです、自慢です。しかも料理本に書かれたまま、寸分狂わず作るから、これがまあほんとに美味しい。副菜のセレクトとかバランスまで考えてくれるわけだけど、センスがいい。結婚するまでにはお米の研ぎ方も知らなかったのに。拝啓、おかあさん。四駆郎、成長してます。

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at

2014年04月22日

優は優はだもん!


13996876813_30ae21fc69_z.jpg『TV BROS.』のDVD紹介ページで、クリィミーマミ原稿を書かせてもらっている。自分の持っているDVDを見返しながら執筆してると、涙でパソコンの画面が見えなくて原稿がちっとも進まない。ストーリー、キャラ設定、声優のキャスティング、音楽、演出、すべてが完璧すぎる、80年代を代表するアニメ『魔法の天使クリィミーマミ』。

ついモノマネしたくなる最終回の優の名言「優は優はだもん!」に大事なことがすべて詰まってます。是非とも、DVDでご覧くださいね!

竹村真奈

Posted by timemachinelabo at