2007年05月26日

春の宴

SN360270.jpg
昨日は数少ない同年代・同業者仲間らと飲みに。
飲み会前日に私がちょっくん(渋谷直角氏)を誘ったことをきっかけに大々的な飲み会へと発展。多忙な面々がよくぞ、当日に集まったなと。

Posted by timemachinelabo at

2007年05月24日

ふんわり名人

KC380009.jpg

ナチュラルローソンに行くと買ってしまう「ふんわ名人きなこ餅」買いだめ中。
高林が撮影してくれたもの。あ〜また食べたくなってきた!
美味すぎる。にくいぜ、ふんわり名人。ありがとう越後製菓。

Posted by timemachinelabo at | Comments (2)

コレクション

SN360266.jpg

わたしが地味にコレクションしているものの一つにシールがあります。他にはバッジ、マンガ、80年代中期アイドル本、など。今日もフィリックスとアンパンマンのキラキラステッカーが100円で売っていたので購入。可愛い〜。

今日は「L-25」(「R-25」の女性版)に取材していただきました。ライターの女性が私と生年月日が一緒と聞いて、ちょっと特別な感情が生まれました。なんだか嬉しい一日。楽しく「昨今のイイ男の傾向について」語らせていただきました。


Posted by timemachinelabo at

下北沢

SN360264.jpg

これはデート現場ではございません。
作家のカンフーさんと、とある芸人さんの衣装の買い出し@下北沢。
たっのしー!日中恐ろしくテンションの低い木本さんを呼び出し、ランチ。
真っ昼間からがっつり食べて、さあ歩き回るぞ!と意気込むも、30分で「休憩しない?」と言ってしまう自分のダメさにがっかり。なんとか我慢し、数時間歩き回ってぐったり。天気が良かったことが救いです。にしても、なぜ私が買い出しに行ってんのかって? それはまた後日!

*31アイスを買ってくれたので激写。

Posted by timemachinelabo at

発見

しつこいようですが、やっぱり初期チェッカーズは良い。
YOUTUBE(ようつべ)にて、最高のフミヤを見つけてしまった…。
http://www.youtube.com/watch?v=2-FbNj_lSmU&mode=related&search=


仕事が気持ちよく片付いていく。昼から仕事して、夜には終わる。ああ、理想的&健康的。
まもなく押し寄せる仕事の波にのみこまれる前に遊べるだけ遊んでおこう。きしし

Posted by timemachinelabo at

2007年05月23日

集合

SN360262.jpg

〆切〆切……そして〆切。
で、夜な夜なとある芸人さんのとあるモノを作るにあたっての打ち合わせ。
さらに深い時間、マウントに集結してしまった人々でごはん。
体調が最悪な作家の大井くんを無理矢理巻き込んで、素材受け渡しと称してごはんに誘っていた作家の松本さん、打ち合わせにきた作家のカンフーさんとフジテレビ・デザイナー木本さん、ただそこにいただけのマウント笹生らと、からだに優しいお蕎麦を食べに(みんな肉がからだに応えるお年頃!)。
私にとってはそれぞれ毎日、もしくは毎週のように会う面々だけど、このメンツで会うのは初。
初対面も数組。どうでもいいような抱かれたい芸能人を各々発表し、宴はすすむ。
このメンツが並んでいるのがまた不思議な感覚だけど、居心地がいいのは私だけ? そりゃそーだ。私がよく会い、よく遊ぶ友人BEST10に入る人しかいないもんな……(にしても、相変わらず女友達が少ないな)。
で、美味しい店の話が飛び交う。ポンポン情報を出す人、お店の番号をせっせとケータイに入れる人、興味津々に聞き入る人、そして私はみんなに連れて行ってもらおうと目論む人。いやはや、楽しい宴であった(私だけ?)。あ〜それでも遊び足りない今日この頃。


Posted by timemachinelabo at

2007年05月19日

幡ヶ谷

SN360255.jpg

本日、「QJ」(太田出版)編集長の森山さん、鈴木おさむさんの「3日で結婚できる女になる方法」(TOKYO FM出版)でご一緒させていただいたTOKYO FMの東海林さん、酔っ払いモードで写真には写ってませんが「フジテレビ アナウンサーになろう」(扶桑社)でご一緒させていただいたスモールライトの中村くんと4人でお食事会。幡ヶ谷の中華料理屋さん。4人での会合は初めてでしたが、なんとも実りのあるひととき。これまでの「QJ」の話。森山さん、中村くん、私の3人で担当した特集は、「はねるのトびら特集」「あだち充特集」などなど。楽しかったな〜。ご存知かと思いますが「QJ」は相当濃い雑誌です。その分、編集作業、執筆作業はとてつもなく過酷です。鬼のような資料との戦いです。作業中は勉強月間と化します。大変な分だけ、思い入れもたっぷり。好きじゃないと作れたもんじゃありません。そこに参加させていただけることが幸せなのです。

Posted by timemachinelabo at