2007年03月13日

引っ越し

SN360111.jpg

日曜日。昼過ぎから、親友の引っ越し準備のお手伝い。
買い物したいというので、親友夫妻&可愛いベイビーとキャッキャ歩き回る。
途中、私のケータイが鳴り、少し話して夫妻のところへ戻ると夫婦ゲンカが勃発! なんでなんで?? これまたいつになく激しい! 甘いもんでも食べたら機嫌もおさまると思い、「moph(モフ)でケーキ食べよう!」と強引に誘い込む。ケーキを待っている間、旦那が泣き始めた可愛いベイビーを連れて、そこらへんを3分ほどプラプラしに行く。旦那が戻るとみるみる仲直り、ケーキを食べて完全修復。えがったえがった。なんて単純な夫婦なんだ……。

Posted by timemachinelabo at

2007年03月10日

MADONNA

SN360100.jpg

マドンナのコンフェッションズ・ツアーのDVDを観る。
もうカッコ良すぎでしょぉ〜〜〜〜〜っっっっ!!!!
曲目、衣装、演出、編集、すべてが秀逸すぎて鳥肌が立った!鳥肌が立った!
50前であのプロポーションってっ!レオタードがこんなに似合う女、この世のどこを探してもいません。
仕事しながら観ようなんてこたあ、できませんでしたっ!
釘付けですよ、釘付け!
ライヴというよりエンターテインメントショー!
サタデーナイトフィーバー!!ってな感じに会場はディスコと化し、ローラーダンサーがクルクルと踊り出したと思ったら、ゴールドの風船がどわ〜っと舞ってきたり。とにもかくにも、どこまでもギランギラン!あと、10回は観れるな……。
字幕がないから、何喋っているか分かんないことだけは気がかりですが、十分楽しませていただきました。

Posted by timemachinelabo at

2007年03月09日

飲んで飲んで飲まれて飲んで

main_pic.jpg

 放送作家・鈴木おさむさんの単行本の編集作業も佳境に。3月末入稿だけど、間に合うのかドキドキ……でも、やるしかない!!!! それに作りながらも身になる本だから、ありがたい。

 そして昨晩は、前々からその癒し系スタイルに私自身がハマりまくっていた放送作家の樋口さんと、「Hanako」の編集者さん、雑誌「装苑」編集部のYちゃん、後半に放送作家の大井くんという珍しい顔ぶれが集まり、広尾「こんや」(恵比寿「賛否両論」などの店長らが経営するお店)にて、楽しい宴。二次会は恵比寿「X+Z」(昭和歌謡曲が流れるスナック)で。

 久しぶりにワインを飲んですっかりご機嫌ナイトでございます。高田純次を彷彿させる自由奔放さで芸人顔負けなトークを繰り広げる樋口さんに釘付け。なのに、癒し系! ズルイ! そんな感じで終始癒されながら飲むお酒はまた格別。 が!!!! 樋口さんのオモシロトークで死ぬほど笑い転げていたというのに……樋口さんの名言をいくつもいくつも頂戴したはずなのに……一つも覚えていない……なぜ!??! もったいない気もするけど、こんなところも純次的! 瞬間瞬間をバラ色に染めていくお方なのです。

Posted by timemachinelabo at

2007年03月08日

雑誌「CONTINUE」スペシャル号

4872339568.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg

雑誌「CONTINUE」のスペシャル号にて、「のだめカンタービレ」&「もやしもん」大特集します。しかも、ガーリー編集部が「のだめカンタービレ」&「もやしもん」大特集の総頁数80ページ(全152P中)を担当します! 「CONTINUE」と「Girlie」は読者層が近かったりもするのですが、初の雑誌&雑誌コラボレート!!! やったね!

2005年に発売された「ハチミツとクローバー」大特集のスペシャル号は、かなりの売れ行きを記録。いい特集でしたね。ってことで、これは気合いを入れなくてはっ! 「のだめ」も「もやしもん」も大好きなマンガなので非常に有り難く、なにより楽しみです。
 で、今日は「CONTINUE」のデザイナー・大橋さん、編集長の林さん、編集部の野口さんと打ち合わせ。最後に通常版の「CONTINUE」の打ち合わせをしており、目の前で人様の雑誌会議を見られるとは……。貴重です。愛情を持って作られている雑誌って、素晴らしい。期待に応えられるよう、精一杯やります(自分でハードルを上げてしまった気がする……)。

Posted by timemachinelabo at

2007年03月07日

打ち合わせ

SN360076.jpg

少し前の写真ですが、取材後のひととき。
東京タワーの真下にあるカフェ。
真下から眺める東京タワーはやっぱりエロかったです。

なのに、うっかり写真を撮り忘れてしまったので、CONTINUE編集部の紅一点・野口さんの写真を無許可でアップしてみます。こういう場での打ち合わせは、気持ちが高ぶって仕事と関係ない乙女トークにとかく走りがちですが、そういうときこそ本作りのヒントが隠れているものです。なので、飲みに行ったり、お茶したりする時間が何より楽しいのです。

Posted by timemachinelabo at

2007年03月05日

野田岩 下北沢店

SN360085.jpg

某局のデザイナーさんと某社のコピーライターさんと
うなぎを食べに行く。
下北付近に住んでいた頃から、行きたかったお店でしたが、
行けないまま引っ越してしまったため、喜びもひとしお。
なかなか立派なお値段だけど、美味しい。トークもはずむ。

仕事をしている女子とのごはんは楽しい。
仕事の話や恋の話……なんでも盛り上がる。
「SEX AND THE CITY」もこんな感じ?
お恥ずかしながらまだ見てないんだけど、きっとこんな感じだろう!と期待していたところ、SATCの面白さについて何度となく熱弁をふるう知人がどどーんと貸してくれた。
オマケにマドンナの「コンフェンズ・ツアー」のDVDをプレゼントしてくれた。太っ腹!

しばらく楽しい夜が続きそうです。

Posted by timemachinelabo at

2007年03月01日

ヒミツの花園

333225758_26.jpg

女子の皆さん、「ヒミツの花園」をご覧だろうか。
こんな夢のあるドラマを見られて私は嬉しい。
超人気少女マンガ家・花園ゆり子先生が実は男で、しかも4人兄弟だったという話。
ここまではふ〜んってなもんだけど、その4人ってのが、
本郷奏多、要潤、堺雅人、池田鉄洋ときたもんだ。もうパーフェクトォ〜ッ!
種類の違ったイイ男が勢揃い。欲求がこれ1本で満たされてしまう……。
こんな最高のキャスティングした人、どこのどなたですか!
寺島進も真矢みきもコミカルでいい味出してるしな〜。
で、完全にマニアウケなんじゃなかろうかと思いきや、
そこに釈たんが加わることでバランスがとれてる。

とくに第八話は必見です。カッコイイものをカッコ良く見せるって
簡単なことだけど、とっても大事なことなのね、と実感。
自分の好きな少女マンガ家先生が実は男でこんな四兄弟だったら、
間違いなく発狂してしまう。
あんなイイ男たちが少女マンガを描いてるのかと想像しただけで、エロスを感じる……。

Posted by timemachinelabo at | Comments (2)