上野動物園

SN360221.jpg

Posted by timemachinelabo at

2007年05月13日

ぐうたらダイアリー

SN360218.jpg

ん?いつもどうやって過ごしていたっけ?
急に仕事が片付くとなにをして過ごせばいいのか分からなくなる。
とりあえず、寝ようと思うんだけど、わたしは不眠症。ちっとも眠れない。ん〜困った。ゲームをしよう。飽きたな。新しいゲーム買わないと。そうだ、ituneの整理しよう。へやの掃除しよう。
そんな感じで1日が終わろうとした頃(深夜1時)、親友のきたやんが本日渋谷・アマテラグジー出社ということで、ごはんに付き合ってくれるという。カフェ飯でまったり。ん〜リラックス!で、ちょっとだけよ〜とクラブ(アマテラグジー)へ。私はここでもウーロン茶。なんて、つまらない人間になったんだ! ちょいと前なら、テキーラ渡されたら何杯でも喜んで飲んでたのに。今日はお客さんが若すぎる。全員、おかまちゃんに見える(2ヵ月ほど前におかまに恋した私ですが)! ってことで、30分も経たずに帰宅。歩いて2分。近いな〜。高知みたいでいいな〜。そんな感じで数ヶ月ぶりの休日はおしまい。明日は動物園に行きます。

Posted by timemachinelabo at

2007年05月12日

「UNION」

SN360215.jpg

文化服装学院時代から10年来の付き合いであるLOWJACK THREE
彼らがCHARAのニューアルバム『UNION』の中の1曲、「UNION」を作りました。カラオケで「UNION」を入れるとLOWJACKの名前が! いひひ、嬉しいもんだ。
わたしもがんばんなくちゃ〜!!!

Posted by timemachinelabo at | Comments (2)

二度と戻らぬGW2007!

SN360214.jpg

本日、仕事がどわ〜〜っと一気に片付いた!さよなら、怒濤の入稿ラッシュ!
達成感やら充実感を味わう余裕もなく、かなりの疲労困憊。ろくに寝られていなかったし、ろくなもんを食べていなかったし、明日からはまともな生活を送りたいと思います。っても、来週から、さっそく首をなが〜くして待ち侘びているNEW仕事に取りかかるわけですが。このGWは人生最大の忙しさでした。仕事があることは、フリーである私にとって幸せなことであるのは分かっているけど、からだが資本。無理はいけません。自分のキャパもいい加減知らなくてはいけません。だって、ごはん食べようとぱくっと口に入れた瞬間、無意識に涙が流れてくるんです。涙腺ゆるゆる。これはダメです。で、おつかれ会を兼ねてバイトちゃんを連れて、恵比寿の立呑屋に。同事務所の笹生と西くんも。が、ウーロン茶で乾杯。今日ぐっすり寝たら、しばらく毎夜飲み明かす予定。死ぬほど遊んでやる! 

Posted by timemachinelabo at

2007年05月11日

ぴっつぁ

SN360210.jpg

昨日今日と事務所に作家のカンフーさんが遊びに来ました。
遊びに? 仕事しに? 遊びに? とにもかくにも現在楽しいことをいっしょにやろうとしています。これまでの付き合いの中で仕事(らしきこと)をするのは初めてかも。
そんなカンフーさんが、私がバリバリ仕事している隣で誰かとケータイで話していました。どうやら後輩らしき誰かに先輩らしく激を入れているっぽく、面白そうなのでこっそり聞き耳をたてていたのですが、ちょっといい話っぽいことを言っている真っ最中に相手の電波が悪かったらしく、話の途中で電話が「ツーツーツー」(かすかに聞こえた)と切れました。そこでつい笑いが止まらなくなってしまい、聞き耳をたてていたことがバレてしまいました。どうやら、本当にどうしようもない凡ミスをしてしまった後輩。さらにそんな話の最中にケータイが切れる後輩って……。がんばれ、後輩(らしき人)。
そんなカンフーさんは仕事疲れか、後輩疲れか、座ったまま眠ってしまいました。


Posted by timemachinelabo at

さんまのまんま

SN360208.jpg

「さんまのまんま」に長渕剛がゲスト出演。
ピリピリ? あ、笑った! ピリピリ? おぉ〜笑った。
そんなハラハラドキドキの30分。
近々、さらなるビッグゲストが出るということで今から楽しみ。
熱いぜ、「さんまのまんま」。
※聖子ちゃんの回は迂闊にも見逃してしまった(無念)。

Posted by timemachinelabo at

乙女チックが止まらない

SN360213.jpg

BGMはチェッカーズの「もっと!! チェッカーズ」より、「今夜はCまで Rock'n Roll」でお送りします。
 デビュー以来ヒットチャートを独占し、ティーンのハートを熱く揺さぶり続けるスーパーグループ、それがチェッカーズ。ちなみに私がアイドルにハマったのもチェッカーズが最初。デビュー時以降のライヴのほとんどを見に行っておりました。そんなわけで、“チェッカーズ現象”という言葉が生まれるほどにまで一世を風靡した彼らの魅力を勝手に考察していまいりましょうか。「気分はライヴステージ!! みんなでステップ踏もーぜ!! 」なんて、恥ずかしい発言は当時のフミヤしか許されないません。全身チェックの衣装に身を包み、ちょろりとひと束だけ長く伸ばした前髪、豪快に伸ばした後ろ髪、そのすべてが“悪(ワル)”の象徴であり、トレンディだったわけです。いしだ壱成が出てきた頃にフェミ男なんて言葉が流行りましたが、初代フェミ男はチェッカーズです。“悪(ワル)”でありながら、常にキュート。それがチェッカーズです。

Posted by timemachinelabo at