« 桜散る散る | DIARY TOP | 「ロックンロールタイムズ」創刊号 »

KAKUBARHYTHM & SAKEROCK presents『大先輩 vol.1』

080314_daisenpai_poster.jpg
先週は鬼のように忙しかった! 無休は日常茶飯事だけど、一日の平均睡眠時間がたったの2時間ですよ。ムリムリ! ホントにムリ! そんなに若くないっつーの! 今週、いよいよ『ロックンロールタイムズ』が校了を迎えるため、ちょっとだけゆとりができそうです(たぶん)。


そんな中、とあるTV番組に出演。しかもスタジオ収録、超大御所MCとあって、一週間ほど前から胃をキリキリと痛くしていたわけです。考えないように考えないように……そうやり過ごしてきたけど、前日になって、中途半端な時間まで仕事してしまい、まさかの完徹で人生初のスタジオ出演に挑むことに……。あ〜後悔、後悔、また後悔!
めっちゃくちゃ緊張してるのに眠気が止まらない。ただでさえ、睡眠不足なのにこの状態でスタジオ入りから出までがトータル4時間とは、まさに地獄! 本の宣伝にもなるし、非常にありがたいお話だというのに、なんたる御無礼……。いっしょに出演してくれた野口さん、めんご! 


その後、フラフラした足取りのまま、KAKUBARHYTHM & SAKEROCK presents『大先輩 vol.1』@恵比寿LIQUIDROOMへ。そらもう愛しのSAKEROCKと、大先輩・スチャダラパーがゲストとあっちゃ〜、行くしかないっしょ! しかしながら、両手に大荷物を抱え、フラフラ状態のわたし。立ってられん! 座ったら寝ちゃう! でも見たい! どーしても聞きたい! どーにかこーにか、睡魔との戦いに打ち勝ち、最後の最後まで堪能。SAKEROCKの生ライブはサイッコーでした。スチャダラのムーディーな新曲もサイッコー。ハマケンさんの「押し語り」の悪ノリぶりもサイッテーであり、サイッコー。一夜限り(?)のSAKERAP(SAKEROCK+SDP)なんてもう、アンコと白飯を一緒に食べたら、おはぎの味がしたよ!的なナイスコンビネーション。ほくほく笑顔で会場を後に。


で、帰って寝りゃいいのに、作家のカンフーさんとごはん。大切なリラックスた〜いむ! 「こないだ行ってた舞台の内容、聞かせてよ」と言われ、いつもならノリノリで解説するのに「ちょっと〜全然物語が見えてこないんだけど!」と大ブーイング。きびしー! 呂律すらまわらないよ! 結局、車で自宅まで送ってもらい、ベッドへなだれ込んで爆睡。記憶なし。


なぜか、病弱に思われがちの私。喘息だから? 疲れ&ストレスが溜まりまくったときに体中ジンマシンが出まくるから? いやいや、よくよく考えてみると実は相当タフなんじゃないかと……。凄まじい体力と精神の持ち主じゃないとこんな生活できないでしょ。とはいえ、健康(年のこと)を考えるとやっぱり睡眠くらいはとらなくちゃね。

Posted by timemachinelabo at 09:11 AM

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timemachinelabo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/392